ホーム>院長ブログ>2015年6月

2015年6月

なぜ、頭蓋骨は歪むのか?

顔の歪みや頭の歪み、具体的には鼻筋が曲がっている

アゴがカクカク鳴る、痛みがある、噛み合わせが悪い

歯ぎしりをする ・・・ などなどです。


歪みをさらに細かく見ていくと、耳の高さ目の大きさが違う

頬骨の出っ張り具合が違うとかがあります。

結果としては、顔の左右非対称顎関節症でけでなく

歪みのひどい方は、頭痛耳鳴りめまい等の症状が出る

場合もあります。


そして、頭蓋骨は身体をコントロールしている脳と関係があるので

首、肩、背中、腰、股関節、膝、足首まで全身に影響を及ぼし

また、ホルモンのバランスとも深く関係するため

頭蓋骨の歪みを整えることは大切になります!!

 


『頭蓋骨のように硬い骨が歪むなんてありえない』と思って

いる方多いと思いますが、知らず知らずに結構、歪んでいます


頭蓋骨はいくつかの骨が組み合わさってできています。

実は頭蓋骨と骨盤は切っても切れない関係で、

両者は背骨によって、しっかり繋がっていて

お互いに連動し合って動いています。

だから、骨盤が歪むと連動している頭蓋骨も

同じように歪んでしまうのです。
 

頭蓋骨と骨盤は、お互いに連動することで姿勢を保ちながら

運動や日常動作をすることができているのです


だから、何らかの原因で骨盤に歪みが生じると、背骨を伝わって

顔や頭蓋骨にも歪みが出てきてしまうのです。
 

このように、頭や骨盤だけでなく、身体はすべて連動して

動いているので、骨盤だけ、背骨だけ、頭蓋骨だけを整えるよりも

全身をバランスよく整えていくことが、とても重要です。


 体の痛みや不調は、新宿オレンジ整体院にご相談ください。

 

腰痛

ほとんどの人が、経験したことがあるのではないでしょうか?

一言で『腰痛』といっても、軽いものからギックリ腰やヘルニアなど

痛みの程度は様々で、放っておくと足がシビレたりする場合があります。

特に年齢と共に腰痛の悩みを抱えている人多いと思います。


腰椎椎間板ヘルニアは、背骨の間にある椎間板というクッションの

役割をしている軟骨が変性して潰れて、神経を圧迫して腰痛と足に

かけて痛みシビレを伴うようになります。


急性腰痛は、いわゆるギックリ腰で、姿勢を変えることで急に強い

痛みに襲われます。


脊柱管狭窄症は、腰部の脊柱管の神経が圧迫されて、腰痛と

足のシビレを伴います。

特徴としては、しばらく歩くと下肢がシビレたり、痛みが出たりして

歩けなくなりますが、休むとまた歩けるという間欠性跛行です。


坐骨神経痛は、腰から骨盤、お尻を通って足先まで伸びている

体の中で最も太い神経が圧迫されて痛みシビレが生じます。


では、なぜ腰痛になってしまうのでしょうか?

ほとんどの方が、腰に問題があると思われていると思いますが

整体の視点から腰痛を見ると、腰そのものではなく、骨盤と背骨の

バランスが崩れていることが原因です。


実際、腰の牽引をしたり、電気治療やマッサージをしてもよくならない

のであれば、骨盤や背骨の歪み原因かも知れません。
 

骨盤と背骨は、体の中心にあり、これによって人間の体は支えられて

いるので、歪みがあると体全体のバランスが悪くなって不安定になり

腰痛や足にシビレを感じるようになってしまうのです。


症状によって腰痛も様々ですが、マッサージや電気治療では

かえって症状を悪化させることもあります。

体の歪みを確認して、根本から改善することが早期改善に繋がります。


  体の痛みや不調は、新宿オレンジ整体院にご相談ください。

 

 

 

TEL.04-2924-1168 9時~12時・14時~20時 (土・日18時まで) 定休日:火曜日・祝日
PAGE TOP