ホーム>院長ブログ>ストレートネックが改善しにくい理由
院長ブログ

ストレートネックが改善しにくい理由

ストレートネックの原因は、慢性的な猫背・うつむき姿勢です。
肩こりの原因にもなる長時間のパソコン作業やススマートフォン操作により
首の生理的なカーブが失われてしまいます。
男女差なく症状が現れますが、最近は子供のストレートネックも増えてきています。

そもそも頸椎は7つの首の骨が、生理的弯曲と呼ばれる身体にとって必要なカーブを保っています。
この生理的弯曲があるからこそ、歩行や走った際の衝撃を和らげるクッションのような役割
背骨の中を通る神経や血管の正常な働きを守る役割を担っています。

そして、この生理的弯曲というのは背骨全体で作るS字のカーブがあってはじめて作られるもので
頚椎だけで作られるものではありません。

つまり、頚椎は背骨全体の一部分であり、そのバランスを取るように全身と関わっています。

ストレートネックは、首だけにある問題ではなく、全身の問題が関係しているのです。
要するに、ストレートネックの改善を目指した施術は、関連のある全身からの影響を
整えていくことが重要です。

ですから、いくらマッサージや牽引治療、首の矯正などの施術をしても
真っすぐになった首には、ダメージにつながったり、
逆効果になる場合があるのです。

当院では、重心の位置や姿勢が変わることで頭の位置が変わり、それにより7つある首の骨の異常が
どこで起きているのかを調べて各部位にアプローチしていきます。

ぜひ、当院の整体で正常な背骨の弯曲を取り戻してツライ症状・不調を改善してくださいね!!
 

 


 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.miyukiseikotu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/277

TEL.04-2924-1168 9時~12時・14時~20時 (土・日18時まで) 定休日:火曜日・祝日
PAGE TOP