ホーム>院長ブログ>なぜ、骨格のゆがみを直す必要があるのか!?
院長ブログ

なぜ、骨格のゆがみを直す必要があるのか!?

肩コリや腰痛が辛くて、整骨院や治療院に行くと『骨盤が歪んでいる』とか

『左右の足の長さが違う』という事を言われたことがあるかと思います。

何となくバランスが悪いという事が、わかっていても気にしていない方が

多いのではないでしょうか・・・??

 

背骨や骨盤が歪んでいると、身体が前後左右いずれかに傾いて

気づかないうちに首や肩・腰などの筋肉に力が入ってしまい

コリや様々な不調を感じるようになります。

鏡の前に立つと両肩の高さが違うのは、骨格が歪み背骨が左右に湾曲している証拠です。



脳から各臓器・手足などにつながっている神経は

すべて背骨の中を通っていますから背骨や骨盤が歪むと

当然、神経が圧迫されたり、その周辺の血液やリンパの流れも阻害されて悪くなり

阻害の程度に応じて、頭痛・肩こり・腰痛をはじめ、いろいろな不調が現れてきます。
 

だから、本当の原因は筋肉のコリではないので

揉みほぐしても症状が楽になるのはその場限りで

すぐ元の状態に戻って再びコリや不調を感じてしまいます。


それを根本的に改善する為には

どうしても全身の歪んだ骨格を正しい形に戻してあげる事が最善の解決策です。

様々な不調や姿勢の悩みなど、お困りの方は当院にお任せください ( ^)o(^ )

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.miyukiseikotu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/295

TEL.04-2924-1168 9時~12時・14時~20時 (土・日18時まで) 定休日:火曜日・祝日
PAGE TOP